平泉 毛越寺編

平泉 毛越寺編

大人の休日倶楽部 格安チケットを使って 予てより行きたかった平泉に
行ってきた
駅前から るんるんバスに乗る一日フリーチケット 乗り降自由で
400円だったかな 毛越寺~中尊寺~ 駅までと 回ってくれる 

平泉の観光場所好きなところで乗り降りできる
人待ち顔のタクシー お客さんがいなくて 運転手さんの顔が妬ましそうに
見えた

先ずは毛越寺

e0239434_13142860.jpg


本堂

平安様式の建物、平成元年に建立されたようです ご本尊は薬師如来で、
平安時代の作。本尊の脇士は 私の好きな日光・月光両菩薩、

e0239434_1345651.jpg


e0239434_1361374.jpg



浄土庭園

私が見たかったのは 本堂そのものより 平安時代後期の遺構「大泉が池」を
中心とした浄土庭園
荒磯(ありそ)風の出島は、庭園中最も美しいと言われている

e0239434_1373398.jpg


遣水(やりみず)

曲がりくねる水路の流れに、水切り、水越し、水分けなどの石組が配されている。
毛越寺の遣水は平安時代の唯一の雅な「曲水の宴」が繰り広げられたと
言われる水路 

e0239434_13105486.jpg


e0239434_13111771.jpg


常行堂

享保17年(1732)に仙台藩主伊達吉村公の武運長久を願って再建され
本尊は弥陀如来、両側に四菩薩、奥殿には秘仏 摩多羅神(またらじん)が
祀られている。摩多羅神は秘仏とされ 33年に一度御開帳される。

e0239434_1312558.jpg


e0239434_13182262.jpg


常行堂前の鐘楼

e0239434_13124117.jpg


芭蕉の句碑

義経は高館で妻子とともに自害した(1689)5月13日、この地を訪れた
芭蕉は悲運の義経主従をしのび、「夏草や 兵どもが 夢の跡」の
芭蕉直筆の句碑が寺境内にある

e0239434_13133414.jpg


おりしも菖蒲が満開で 旅の疲れも癒された

e0239434_13141055.jpg


松風庵でちょっと一息 中尊寺へ向かう
ずっと曇り空で そう暑くもなく 歩くのには助かったが写真が(>_<)


e0239434_13134513.jpg

[PR]

by alohamasako | 2013-07-07 13:22